国鉄岩内線全駅の空中写真である。
国土交通省の国土情報ウェブマッピングシステムは、日本全国の空中写真(航空写真)が見られる大変価値あるすばらしいサイトである。昭和49年度(1974年)から平成2年度(1990年)にかけて、国土の全域で延べ約40万枚の写真(撮影は国土地理院)を整備したものである。
昭和末期の写真には今や廃線となった国鉄路線が伸びている写真があり、目を奪われる。このうち駅部分を拡大してご覧いただく。なお、写真によって拡大率は異なる。

岩内線--空中写真--1976年



小沢駅

小沢こざわ

函館本線との分岐駅であり、現在も健在である。
岩内線のレールは駅構内で函館本線と並行して北に伸び、まもなく西へと分かれる。
国富駅

国富くにとみ

駅は写真の右下である。
市街地と離れた場所に駅があり、しかも駅舎が市街地に背を向けているようだ。
鉱山があり、道路沿いの家は鉱夫の住宅なのだろうか。駅ヤードが広いのは鉱石の積み出しに使われていたからかもしれない。
幌似駅

幌似ほろに

広々とした田園の中にある駅。現在(2003/05)も駅舎はきれいに保存されており往時をしのべる。
前田駅

前田まえだ

田園地帯にあり、駅周辺と道道周辺に民家が点在している。
西前田駅

西前田にしまえだ

岩内駅の手前、大きく南へカーブしているところにある小さな駅。周りにこれといったものが見当たらず、なぜここに駅を設置したのかわからない。
岩内駅

岩内線に戻る

岩内いわない

漁港に面しており、文字通りの終着駅の風情を備えていた。もし延伸するとすれば、積丹半島へ向かったのか、それとも瀬棚方面へ伸びたのか。
TOP